ゴロワ隊長です。 バイクとシトロエン・エグザンティアを中心とした、バイクと車のブログ  たまには映画やカメラや食べ物のことも書きます  感じたことを何でもコメント書き込んでくださいね!!


by gauloi_taichou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中沖満さん(浅間ミーティングクラブ理事長)逝く

バイク乗りなら、誰でも一度は耳にしたことはあると思いますが、『浅間ミーティングクラブ』というアマチュアのバイククラブがあります。私も古くからの会員です。
その創始者の中沖 満 理事長が、14日未明に、膵臓癌と呼吸不全の為に逝去されました。75歳でした。


e0122501_21515053.jpg

この画像は、浅間山の麓で私が撮りました。


『わたびき』の塗装職人として、『世界一の塗装職人』の名を欲しいままにし、わたびき退職後は、河口湖自動車博物館の車輛を全て手掛け、また洒脱な文章を書くことから、モータージャーナリストとしても活躍した。何より『浅間ミーティングクラブ』の創始者であり、日本のオートバイの文化の語りべとして、つとに有名であった。

バイクの歴史だけを語れる人間は沢山居るが、中沖さんは『人とバイクのかかわり』を語れる、数少ないジャーナリストであった。
曰く。「ぼくはバイクというものはそれに乗る人間を加えて初めてひとつの物と考える。人車一体という形容は、走るさまを表現するだけではなくて、知識の深い人々、深くなろうとする人々、思いやりのある心やさしい人々、判断力と実行力に富む人々……などの素晴らしい人々がバイクに跨がったときにもいえるのではないか、と考える







私がバイクに乗り始めた頃からの師匠であり、人生の大先輩でもありました。

12年前に、ライダーズクラブ誌の人気エッセイ『鉄と心とふれあいと』で、「山田クンのAS1を取材させてよ」と、中沖さんに事情聴取を受けました。たしか、95年の7月号に載ってますよ。
e0122501_1555937.jpg

以来、数回ご自宅にお邪魔したり、浅間記念館の車輛入替え作業のチーフを任命されたり、公私共に息子のように可愛がって貰いました。


モトグッツィを教わったのも中沖さんからでした。別冊MC誌の長期試乗で、ルマンⅢに深い感銘を受けた中沖さんは、それまで所有していたBMWのR65を売却して、ルマンⅢを入手した。
そのとき、奥様に「BMをコカしてシリンダーが曲がってしまった。気に入らないから色を塗り替えたんだ」と言ってまんまと騙したとか。お茶目な人でした。93年の浅間記念館車両入れ替えのときに、「山田くん、グッツィはいいよォ。飛ばし屋の山田くんにピッタリのバイクだよ」とさんざん薦めてくださいました。進言に躊躇していると、「今日は福田モータースの社長と一緒なんだよ。良かったら紹介してあげるよ」と本当に福田社長を紹介され、本当にその場で1000Sを契約してしまいました。
e0122501_243315.jpg


私がYAMAHA党であるのも、古くからのYAMAHA党を自認されていた中沖さんの影響です。以前所有していたXS750SPも、中沖さんの強い奨めがあったからに他ならずでした。MT-01を入手したときも、真っ先に河口湖の中沖さん宅まで見せに行きました。自分の事のように喜んで下さいました。

仕事の為、お通夜も告別式も行けませんでしたが、今年春に、キャンプの撮影に向かう途中、執筆中の氏のご自宅を訪ね、数分間お話しをしたのが、お顔を拝見した最後になりました。

先日も病身を押して、みちのくミーティングに駆け付けるなど、最期までエンスージアストで在り続けました。

悲しいです。良く考えたら、5年前に亡くなった父と同い年だったんだなぁ・・・


謹んでご冥福をお祈り致します。

合掌
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
[PR]
by gauloi_taichou | 2007-08-18 21:47 | 車/バイク