ゴロワ隊長です。 バイクとシトロエン・エグザンティアを中心とした、バイクと車のブログ  たまには映画やカメラや食べ物のことも書きます  感じたことを何でもコメント書き込んでくださいね!!


by gauloi_taichou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Rブレーキパッド交換  

MT-01のリヤブレーキパッドを交換しました。

私の乗り方は、Rブレーキを多用する。
したがって、Fブレーキはほとんど減らない(笑)。現在28,000km走行で、Rブレーキパッドは4セット目である。
e0122501_1293045.jpg

今まで使っていたのは、ベスラのオーガニック。安くて減りが遅くて効きは良いが、ブレーキダストが多いのとディスクローターに対するアビュース性が高かった。まぁ可もなく不可もなくといったところ。

今回選んだのは、デイトナの『赤パッド。真っ赤な色が安っぽくて恥ずかしいが、ナップスの店員オススメの一品である。ネットで調べてみたが、評判はなかなかよろしいようだ。

用意したのはこれ。
e0122501_1241412.jpg

工具は、5mmヘキサゴンレンチと12mm・14mmメガネレンチ。ケミカルは、パッドグリスとシリコングリスとパーツクリーナー(写っていない)、洗浄用に台所用洗剤と古ハブラシとバケツに入った水。





オリジナルのパッドピンはすぐ錆びる代物で、私のはステンレス製のものに換装している。
まずはこのキャップボルトを取り外し、パッドピンを緩めておく。
e0122501_12141065.jpg

次に、キャリパを留めている12mmと14mmのボルトを外す。
e0122501_1215834.jpg

パッドピンを外し、磨り減ったブレーキパッドを取り外す。
e0122501_1216870.jpg

ベスラのブレーキパッドはこんなんなってました。これじゃヤバいです。
e0122501_1217568.jpg

パッドシムの内側には、鳴き留めのシムが入っている。材質は紙製ガスケットのように軟らかい。
e0122501_12221276.jpg

デイトナの新しい赤パッドはこんな感じ。品番は#62090。ホンダCB750とかJADEとかCBR600FとかシャドーとかGL1500とかのF用と同じもの。セミメタルで、純正パッドに比べ、μは15%アップ、耐摩耗性26%アップ、ローター攻撃性79%ダウンだそうです。
e0122501_12203676.jpg

キャリパと外したパーツを、中性洗剤で洗浄。仕上げはパーツクリーナーできれいにしておく。
e0122501_12251051.jpg

洗浄したキャリパピストンにシリコングリスを塗布する。届かないところは綿棒を使う。
e0122501_12272461.jpg

キャリパピストンを面一になるまで慎重に押し戻し、溢れたグリスを拭き取っておく。
e0122501_1229113.jpg

シムにパッドグリスを塗布する。うすーく塗るのがコツです。
e0122501_1230195.jpg

キャリパ側にもパッドグリスを塗布する。こちらもうすーく塗る。
e0122501_12312211.jpg

キャリパホルダボルトの摺動部・パッドピンにはシリコングリスを塗布する。
e0122501_12331164.jpg

バラしたときと逆の手順で、キャリパを取り付ける。パッド前側の爪が、キャリパホルダの窪み↓部分に上手く引っかかるようにしないといけない。
e0122501_12395060.jpg

組み上がったところ。赤いのがチラ見えしていて恥ずかしい(笑)。
e0122501_12375656.jpg

キャリパピストンを押し戻したので、Rブレーキを何回か動かして(踏んで)やって、ピストンを押し出してやる。これをやらずに走り出すと大変危険なので、必ずやりましょう。
e0122501_12422238.jpg

作業自体は20分ほどでおしまい。リヤは楽なモンです。

今日は乗らないので、試乗記はありません。あしからず。

フロントパッドを点検してみたら、まだ大丈夫そうだった。
30,000km過ぎたら変えてやろう。

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-11 12:43 | バイク