ゴロワ隊長です。 バイクとシトロエン・エグザンティアを中心とした、バイクと車のブログ  たまには映画やカメラや食べ物のことも書きます  感じたことを何でもコメント書き込んでくださいね!!


by gauloi_taichou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

BW'S125

原付2種がアツい。(51ccから90ccまでイエローナンバー、91ccから125ccまでのピンクナンバーの原動機付自転車)

いま、原付も軽二輪も自動二輪も売れなくなってきているのに、原付2種だけが飛ぶように売れているらしい。
新しいモンキーなんて30万円もするんだぜい!いったい誰が買うのよ?50ccのモンキーに少しエクストラを出すだけで、125の原付2種が買えるんだよな~。コストパフォーマンス高いよね。

法規制面でも、税制面でも、任意保険の特約が使えることにおいても、原付2種はメリットが大きい。デメリットと云えば、高速道路が走れないだけである。まさにインテリジェントチョイスである。

前の日記を読んでいただければ分かると思うが、125ccクラスというのは、オン・オフ問わずピュアなスポーツモデルから、ファンなモデルや実用に振ったのまで、昔から面白いモデルが多い。モデルにもよるが、最高速もせいぜい120km/h。大きさも重さもパワーも、操縦する人間の限界を超えないのがいい。

いま原付2種のラインナップみると、ほとんどがアジア製。だから驚くほど価格が安い。日本メーカーのアジア工場製ならば、品質管理は日本国内と同じだから安心できる。たとえばヤマハだけみても、台湾・中国・タイ・ベトナム・インドネシア・マレーシア・インド・フィリピン・シンガポール・カンボジアに工場がある。部品製造工場まで含めると、もっと多国に及ぶ。中でも、台湾ヤマハ には注目している。日本で売られている125cc以下のヤマハ車は、一部を除き台湾ヤマハ製である。自らの開発企画力があり、明らかに上質で信頼性が高いといわれている。

先日、戸塚のYSPを覘いて来た。台湾ヤマハが生産する『 YW125T BW'S Fi 』がとっても気に入った。空冷SOHC4スト124.0ccで燃料噴射、馬力とトルクはNA。もうキャブの時代ではないんだね。
e0122501_156535.jpg
この奇妙キテレツなデザインがイイね。 縦目のヘッドライトがキてる。見る者を驚かせるには充分だね。
e0122501_1595087.jpg
ディテールもコリまくってるね。 おもちゃっぽいけど、遊び心いっぱいだ。メーターもコレで充分だと思う。
e0122501_13403598.jpg
テールランプ周りなんか、表情があって面白い。なにやらロボットの顔みたいで、漫画チックである(笑)。収納はたいした事ないみたい。キャリアにボックスを装着すれば済むことだ。シート下のスペースには、ヘルメットを天地さかさまにして収納するようになっているところに注目したい。ヘルメットが天地さかさまということは、片手で出し入れできるので、上部を下にするのは、実はかなり便利なのだ。




もし乗るとすれば、5色あるうちの、このオレンジ色のヤツがいいな。 派手っちゃあ派手だけど…
e0122501_223675.jpg



でも、このオレンジ色って、KTMみたい。「オレンジ色のニクいヤツ 夕刊フジ」って喩えは旧いですかね(笑)。
e0122501_4225916.jpg




んで思いついたんだけど、こういう風にしちゃおうか?KTMBW'S KTM乗りの方のセカンドバイクとしてウケるかも?
e0122501_415036.jpg
タイヤはロードタイプにして、赤いキャリパとRサススプリングをボディと共色にしてみた。どうですか?



正規輸入元は、MT-01でお馴染みの㈱プレストコーポレーション(右のリンク集からも飛べます)だから、アフターも万全だし、もちろんYSPなら全国どこでも同じサービスが受けられる。(YSPには並行輸入物もあるが、同様のサービスは受けられるとのこと)

台湾ヤマハの『 BW'S スペシャルサイト 』も必見。漢字ばかりだけど、なんとなく意味は分かるからありがたい。

参考小売価格は、¥345,450(税込み)で、一般的な125スクーターの一割増といったところだが、"アソビゴコロ"に投資するなら高くはないね。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-02-18 02:08 | 車/バイク