ゴロワ隊長です。 バイクとシトロエン・エグザンティアを中心とした、バイクと車のブログ  たまには映画やカメラや食べ物のことも書きます  感じたことを何でもコメント書き込んでくださいね!!


by gauloi_taichou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お待たせいたしました(笑)。前編の続きです。


夢中になって車やフリマを見ていたら、お腹が空いていることに気が付いた(笑)。
フードの出店もいくつかあり、ランチピークを過ぎていたので、そうは並ばずに買えた。
本日のメニューは、ラム肉のギリシャ風ハンバーガー。 可愛いTシャツも発見!!カミナリ印三本チャンバーって(笑)
e0122501_0284670.jpg

e0122501_0291679.jpg



さて、腹も膨れたし、今年のもうひとつのテーマである『日野』を見ていこう。
 
まずは、日野の小史から。
日野自動車は、現在トヨタ傘下のトラック専門メーカーであるが、源流は『東京瓦斯電気工業』。戦前・戦中は航空機・船舶・大型トラック等を手がけ、戦後はオートバイや小型車も作っていた。特にオートバイ部門は、コンプリートのほかにエンジンサプライヤーでもあり、『ガスデンエンジン』は、数々のメーカーに供給された。
1953年、フランスのルノー公団から、ルノー4CVのノックダウン生産の権利を譲り受け、乗用車の生産も始める。最初はCKD(コンプリートノックダウン)で、フランスからすべての部品を輸入し、日本で組み立てていたが、次第に内製化していき、’57年には完全国産化を遂げた。『日野ルノー』は、OHV750ccのリヤエンジン車で、オーナー向け・タクシー向けとして市場に溢れた。かなりの数が現存する。日野は、この技術をもとに、’60年には前輪駆動の商用車『コンマース』、’61年にはオリジナルの乗用車『コンテッサ900』・ピックアップトラックの『ブリスカ』を展開。コンマースは、ルノー・エスタフェによく似たデザインで、日本ではFFが受け入れられず、早々に消滅してしまった。ライトトラックの『ブリスカ』も展開するも、’66年のトヨタとの業務提携によりトヨタブリスカとして生産された。その翌年消滅。コンテッサは、ルノー4CVを引き継いだRRモデルで、やはり仏車に似た初代が900cc、ミケロッティボディを纏った二代目が1300cc。'67年まで生産された。前述したように、'66年のトヨタとの業務提携により、日野自動車は乗用車部門を廃止し、現在は世界一高品質なトラックメーカーとしての道を歩んでいる。



前置きが長くなったが、コンテッサである。コンテッサとは、「伯爵夫人」と言う意味のイタリア語である。
この高貴な名前の車は、『日野コンテッサクラブ』の面々に大切に乗られている。

今回、日野ルノー4CVを筆頭に、数台のコンテッサ1300が集まった。いずれも妙齢ではあるが、きちんと身なりを整え、決して野蛮な振る舞いなど見せない本当の美女揃い。
e0122501_0312364.jpg



コンテッサ1300は、先代と同じくミケロッティデザインで、トリネーゼ(トリノ風)スタイルでデビューした。エンジンは900から発展したOHV1300で、2ドアクーペと4ドアセダンで構成される。海外にも少数輸出され、今でも熱心なファンが居る。当時の傾向として、『デラックス』モデルと『スタンダード』モデルがあった。セダンはシングルキャブで55ps。クーペは、日本初のFディスクブレーキ、SUツインキャブレター、サイドラジエーター、65psエンジンのスポーツモデルであった。4ドアセダンにもクーペと同じチューニングを施した『1300S』と言うモデルがあった。クーペとセダンの車体構成の違いは、重量配分を考慮して、クーペは燃料タンクが前にあり、セダンはリアシートとエンジンの間にあることであるが、セダンの1300Sに限り、クーペと同様、前に燃料タンクを持つとのことである。セダンには、スタンダードモデルがあり、2灯ヘッドライトで、オーバーライダー・サイドモール・サイドバッヂを取り去り、室内も簡素化されたバージョンもあった。後に4灯になったとのこと。また、2ドアクーペにもスタンダードバージョン(とは呼ばないが)がごく少数存在する。これは、アメリカでツーリングカーレースを展開していたピーター・ブロック氏(日野サムライで有名)の指示のもと、車重を軽くした『1300L』というバージョンが20台ほど作られたと言われている。


コンテッサ1300Lレーシングバージョンの特別展示もあった。
e0122501_0323881.jpg

e0122501_0331679.jpg
コンテッサ1300Lの現存は3台と言われ、この車のそのうちの1台。

同時に特別展示されたべレットベースのいすゞR6。
e0122501_034277.jpg


今回集まったのは、コンテッサは、1300のモデルばかりだった。リヤに積まれたルノーに似たエンジン。この個体は、日常のアシにすべくダイナモがオルタネータに換装してあり、ファンネルで武装。点火系などにも手が入り、軽いチューニングが施してあるようだ。
e0122501_0355849.jpg
運転席はこんな感じ。これはセダンのデラックスモデルなので、横長のスピードメーター。クーペと1300Sは丸型のS/T独立メーター。フロア中央にトンネルのでっぱりが無いので広々している。リヤのグリルはリヤエンジンである証拠。
e0122501_0375651.jpg

e0122501_0384984.jpg
私は、『ハコ趣味』なので、4ドアセダンのほうに魅力を感じてしまう。特に、屋根後端部の(ひさし)が良い。
e0122501_040450.jpg

e0122501_0403954.jpg
同時期のブルーバード410(ピニンファリナデザイン)のルーフエンドにも庇が見受けられるが、コンテッサのほうが優美であると言っても差し支えないだろう。

クーペとセダンのルーフエンドを比較してみた。ガラスの立ち方と庇の有無を確認されたい。
e0122501_0412331.jpg
ブルーメタリック(手前から二台目)のセダンが1300Sである。Sのエンブレムが判るだろうか?
私の好みから言うと、一番は、セダンの1300Sですね~。これをカッコよく決めて乗りこなしたいな。色はアイヴォリィで、外見はほとんどノーマルで、エンジンを軽くチューンして、脚周りはRSワタナベの8本スポークかエンケイのコンペ8でモディファイして…いかんいかん、どんどん妄想が拡がってしまう(笑)

More 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-28 00:45 | 車/バイク
日本クラッシックカー協会のニューイヤーミーティングを見学してきました。
e0122501_3535565.jpg



久々にヴェスパで遠出となりました。乗ろうと思ったら、年末で自賠責が切れてやがんの。気が付かなかった。
前日夜、ネットで予約して、セブンイレブンで加入した。便利な世の中になったもんだ。
e0122501_354290.jpg
GSで給油して、空気圧もチェックして、下道でイクイク~~!!


会場入口前で、素敵なバイクに会いました。詳しくはこちらで。

More... 続きを読む… すごいよ!
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-26 02:46 | 車/バイク

それいゆの丘

日曜日は、横須賀の『ソレイユの丘』で開催されたフランス車のイベントにちょっとだけ顔出しできた。
今日はひとりだから、バイクでイクイク~~!!
しかし、午前中は降り出しそうな上に寒かった。不貞腐れて、家で惰眠を貪っていた(笑)。
午後から太陽が申し訳なさそ~うに顔出してきたので、これ幸いとMTを引っ張り出した。
海岸線をドビュ~ンと。そんなに込んでなかった。

やってきましたそれいゆの丘。二輪でも駐車料金は400円も掛かる。その代わり入園はタダ♪。
e0122501_1351960.jpg

e0122501_147476.jpg

フレンチ・フレンチに比べれば、参加台数が極端に少ない。駐車場の方がバラエティに富んでいたくらいだ。
e0122501_1391376.jpg

e0122501_1394373.jpg

まぁ、それいゆの丘に出入りする一般に観てもらおうというのが趣旨のイベントであるので仕方ないか。盛り上がりに欠けたと思うが、この白いBXのおかげで↓ななか雰囲気は良かった。
e0122501_1405112.jpg

e0122501_1411289.jpg

アコルディオンのBGMのなか、ビニール傘を使ったアートを展開していた。

More... 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-20 02:49 | シトロエン/エグザンティア

また田中商店(笑)

夕べ、浅間事務局に行くついでに、また田中商店に行ってきました。MTでぶっ飛んでイクイク~~!!
e0122501_20501365.jpg

京都足立区一ツ家2-14-6  03-3860-3232
環七を加平方面に行き、東栗原交差点(安楽亭が目印)を左折、1キロ程進んだ右側にバーミヤンがあり、その隣のお店です。金色に輝く看板が目印。二輪車は店前に置けますが、四輪車用駐車場はありません。路駐は避けたほうが良いでしょう。隣のバーミヤン駐車場(有料)をご利用ください。



ラーメン一つ!! ハリガネで!! 
明太ごはんと赤オニも!!


と言うわけで、目の前にやって参りました。これを食べるために昼ご飯抜いてきた(笑)。
e0122501_2050544.jpg

博多ラーメンは、臭いトンコツスープが普通だが、ここのラーメンは臭くない。口の中に残るいやらしさもない。都内で一番美味しい博多ラーメン!!と言えよう。

More 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-17 21:04 |

MT改造妄想(笑)

MT-01の改造で妄想してみた(笑)

ノーマル派ですが、自分の好みに合わない部分を、改造してみたいという妄想(笑)
妄想だからタダ(爆)。いくらでも妄想できます(笑)。
ちなみに写真はすべて拾いですから、念のため。

装備系
パニアケース装着
e0122501_121939100.jpg
←これで積載性の悪さを一気に解決。マフラー下左右にパニアケースを装着したい。あんな便利なモンござんせん。マフラー下に装着することによって、重心を低く出来る。トップケースは重心が高くなるのでイヤなんだ。MTに似合うケースはあるかなぁ…
幅は、ハンドル幅から1~2センチはみ出すくらいにしたい。





レーダー探知機
e0122501_1220985.jpg
←飛ばしちゃうんでね。やっぱり免許を守りたい(笑)









センタースタンド
e0122501_12231217.jpg
←これはドイツで発売されているもの。2万円近くする。今まで持っていたバイクは、みんなセンタースタンドが装着されていたから、やっぱりセンタースタンドは欲しいな。立てるのが重そうだけど(笑)

More... 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-16 12:30 | バイク
MT-01のリヤブレーキパッドを交換しました。

私の乗り方は、Rブレーキを多用する。
したがって、Fブレーキはほとんど減らない(笑)。現在28,000km走行で、Rブレーキパッドは4セット目である。
e0122501_1293045.jpg

今まで使っていたのは、ベスラのオーガニック。安くて減りが遅くて効きは良いが、ブレーキダストが多いのとディスクローターに対するアビュース性が高かった。まぁ可もなく不可もなくといったところ。

今回選んだのは、デイトナの『赤パッド。真っ赤な色が安っぽくて恥ずかしいが、ナップスの店員オススメの一品である。ネットで調べてみたが、評判はなかなかよろしいようだ。

用意したのはこれ。
e0122501_1241412.jpg

工具は、5mmヘキサゴンレンチと12mm・14mmメガネレンチ。ケミカルは、パッドグリスとシリコングリスとパーツクリーナー(写っていない)、洗浄用に台所用洗剤と古ハブラシとバケツに入った水。

More... 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-11 12:43 | バイク
エグザンティアとMT-01にETCを取り付けました。

まずはエグザンティア。付けたのはコレ。パナソニックのCY-ET807D
e0122501_11473275.jpg

アンテナ一体型で、ダッシュボード上に取り付け型。大晦日に帰省先の自動後退でやってもらいました。なぜダッシュボード取り付け型にしたかというと、カードの抜き忘れを防ぐため。

こんな感じです。カーナビモニターの左隣ギリギリに寄せてもらった。
e0122501_11524666.jpg

e0122501_1153436.jpg

私のエグザンティアはLHDだから、料金所では面倒だった。同乗者が居れば良いが、独りで乗ってるときは、面倒だから有料道路使用を避けてたくらい(笑)。本当なら左端側に欲しかったのだが、こういうタイプは、ダッシュボードの右側か中央に取り付けるのが望ましいらしい。中央にはカーナビモニターが鎮座しているし、右側じゃハナシにならんので、譲歩してこの場所。目の前が少し煩くなった(笑)。

More...続いてMTにも装着です。
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-09 13:23 | 車/バイク

ヤマハAS1-D

一番所有歴の長いバイクは、1967年製のヤマハAS1-Dである。67年製だから、もう42年も前のバイクだ。
入手したのは、二十代前半の頃。所沢のマニア、M氏から不動車の状態で手に入れた。もう私の人生の半分の付き合いである。

エンジンは油まみれであったが、キックは降りた。幸いなことに欠品等は無かった。
タンクにガソリンを入れ、当時所有していたRZ250のバッテリー(型番12N5.5-3Bで、なんとRZとAS1は同サイズ)を繋いでキックしただけでエンジンは掛かった。嬉しくて、ノーヘル・サンダル履きのままで近所を走り回った(笑)。

名車AT90から発展した空冷2ストローク2気筒5ポートピストンバルブのエンジンは、本当に気持ちよく吹け上がる。エンジン腰下は、モジュール方式を採用し、90ccから200ccをカバーする仕組みであった。見た目のバランスは125ccくらいが一番良いような気がする。この後、AS2AX125RD125となった。AX125は、レーサーTA125のベースになったくらいだから、もともと素性の良いエンジンであるといえる。


1967年  ヤマハスポーツ  AS1-D  型式名183
全長1,855ミリ 全幅555ミリ(一文字ハンドル装着) 全高98ミリ(ミラーを除く) 軸間1,200ミリ 車重98kg ダイヤモンドフレーム 空冷2ストローク2気筒ピストンバルブ ボア・ストローク43.0×43.0 124cc 圧縮比7.0 最高出力15.0ps/8,500rpm 最大トルク1.05kgm/5,000rpm 最高速130km/h 始動キック バッテリー点火 前進5速リターン 前テレスコピック 後スイングアーム タイヤ前2.50-18 後2.75-18 価格137.000円。

More... 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-06 11:48 | 車/バイク

初乗り        

初乗りは、行くところがいつも決まっている。
伊豆半島西伊豆の松崎町だ。

実は、十数年前の1月3日にここで散った友人がいた。
彼は、私の真後ろを走っていて、ここで亡くなったのである。

恒例の正月伊豆半島一周ツーリングで、グッツィに乗った私を追いかけていて、ZX9Rでガードレールに激突し、跳ね返されて壁面に激突し、再び跳ね返されて崖下に落ちてしまった。彼の後ろを走っていた者によると、ブレーキングのミスだったようだが、詳細は本人しかわからない。

助け出したときには、心臓が停止し、瞳孔が開いていた。内臓破裂でほぼ即死だった。
彼は、その半年前に結婚したばかりで、奥さんのお腹には子供がいた。
私を追いかけていなければ、彼は死ななかったかもしれない。

遺族には合わせる顔がなかった。
そうやって私は、彼の死を背負ってしまった。
彼の遺族には、出来る限りのことをした。


それ以来、贖罪の意味を込めて、毎年正月には伊豆半島を一周している。
万障繰り合わせてイクイク~!!である。
昨日も行って来た。花を手向け線香を焚いた。

今では、彼の遺族とは疎遠になったが、正月には欠かさず松崎町を訪れている。

More... 続きを読む
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-05 11:45 | ツーリング
      全国3000万人のイクイク日記ファンの皆様、あけましておめでとうございます

e0122501_10304198.jpg



       今年こそ、皆様にとって素敵な一年であらんことを心よりお祈り申し上げます

にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ シトロエンへ
にほんブログ村
[PR]
by gauloi_taichou | 2009-01-01 10:41